作業員
男性

夏場の危険な害虫

蜂の巣の退治は、基本的には業者の手によって駆除してもらうのが、一番よい方法といえるでしょう。しかし、依頼するとなると当然費用も掛かります。もし、発見時に小さい巣でしたら、蜂の種類を調べ、自分で駆除する方法も良いかもしれません。

こうもり

繰り返し対策を

コウモリ駆除には繰り返しの対策が重要となります。コウモリは益獣のため、殺さずに追い出しと侵入防止策を行います。対策として、忌避スプレーや超音波装置、噴霧剤などを使うと追い出しに効果的です。また、侵入を防止することも二時被害対策のために重要です。

ハチ

スズメバチの危険を回避

自宅にスズメバチの巣を見つけたときは慌てずに、お住いの市町村窓口に相談してみましょう。スズメバチ駆除業者を紹介してくれたり、場合によっては無料で駆除してくれます。まだ巣が小さいうちであれば自分でスズメバチ駆除をする方法もあります。完全防備で行い、危険と感じたら無理せず専門家に依頼しましょう。

状況に応じて依頼する

巣

手で簡単に取れる

蜂の巣を見つけたら、すぐに対処しましょう。放置しておくと、どんどん蜂が育ってしまいます。巣も大きくなってしまうことがあるからです。できたばかりの小さなものなら、手で簡単に取り除くことができます。中に蜂がたくさん居ると危険です。刺されてしまうこともあるので、服装に注意しましょう。顔にはマスクをかぶるなど、万全な対策が必要です。蜂そのものを退治するには、殺虫剤などを使った方がいいかもしれません。ドラッグストアやホームセンターなどで売られています。使用方法に注意しましょう。素人では対処が難しいと感じる場合には、周囲に協力をしてもらうことも大切です。自治体によっては、役所に連絡をすると無料で蜂の巣を退治してくれることがあります。いざという時のために、調べておくと安心です。

業者ならさらに簡単

蜂の巣の退治は専門業者に依頼するとさらに簡単にできます。最近は害虫駆除業者が増えてきているので、どこの地域にも專門の業者はあるはずです。電話帳やインターネットで最寄りの業者を調べてみましょう。蜂の巣は大きさによって退治の仕方も違ってきます。大きいと重量もあるため、何人かで行わなくてはなりません。当然、蜂もたくさん飛んできます。大掛かりな駆除となることもあるので、事前に料金などを確認しておきましょう。小さいものなら、薬剤を使うことなく簡単に取り除くことができます。駆除に使った薬剤や機器など、これらも料金に加算されることがあるので、できるだけ小さいうちに取り除くことがポイントです。退治後も蜂が飛んで来ることがあります。定期的にメンテナンスに来てもらうというのもお勧めです。