メンズ
  1. ホーム
  2. スズメバチの危険を回避

スズメバチの危険を回避

ハチ

駆除するための対処

スズメバチは春になると女王蜂が適当な場所を見つけ巣を作り始めます。徐々に巣は大きさを増し、働き蜂が巣の周りを飛び回ります。夏から秋にかけて活動が非常に活発になり、人に危害を加えることもあるでしょう。そのような巣をもし自宅の軒先や庭で見つけたとしたらどうすればよいでしょうか。市町村によっては自治体で無料でスズメバチ駆除をしてくれるところもあります。まずは確認してみるのが良いでしょう。行っていない場合にはスズメバチ駆除の専門業者に頼むことになります。料金は8千円から3万円前後と業者によってまちまちです。中には専門知識のない素人であったり、いつまでたっても見積もりが出ないなどあまりよくない業者のトラブルに巻き込まれないためにも市町村で委託された業者を紹介してもらうか、優良業者を紹介する第三者機関を通して依頼することをお勧めします。

早急に費用をかけずに駆除

スズメバチ駆除を業者に頼むのは費用もかかるし、とにかくすぐに何とかしたい、というときには自分で駆除するしかありません。インターネットやホームセンターでも専用の殺虫剤を購入できます。しかし殺虫剤が効くまでに刺されてしまっては意味がありません。完全防備をして臨む必要があります。こちらも各地方自治体で保健所から防護服を貸し出しているところもあるので一度確認してみるのが良いでしょう。手軽に自分でそろえるには、雨合羽などで代用できます。帽子やヘルメット、手袋を着用し首筋なども肌を露出しないようにします。色のついたものはスズメバチを刺激してしまうので白色を選びましょう。 作業はスズメバチの活動の落ち着いた夕方か夜明け前が良いでしょう。少し離れた位置から殺虫剤を噴霧し続けながら近づき、巣の全体や中に1分ほど吹き付けます。完全に動きがなくなってからごみ袋で包み込むように覆い根元から取ります。 以上のような作業になりますが、あまりにも大きいものや、夏以降の攻撃性の非常に高い時期には無理をせずスズメバチ駆除専門業者に依頼しましょう。